兵庫県北部の避暑地で充電してきた:神鍋高原の瀟洒なホテル ブルーリッジホテルのビュッフェ形式の朝食と夕食は満足感高し!!

兵庫県北部の避暑地で充電してきた:神鍋高原の瀟洒なホテル ブルーリッジホテルのビュッフェ形式の朝食と夕食は満足感高し!!

前回、前々回と、このお盆の神鍋高原旅行シリーズをお届けしてきた。

そして今回は神鍋高原シリーズ最終回、ホテルでの食事に関する内容にしたいと思う。

朝食・夕食ともビュッフェ形式で大満足の内容

このブルーリッジホテルでの朝食と夕食は、ビュッフェ形式。

ホテル1階にある、バイキングレストラン フォーシーズンというレストランでいただくことになる。

昨年このホテルに泊まった際にも、朝食・夕食ともに食事の内容に驚愕したのだが、とにかく品数が豊富で、満足感が高い。

特に夕食は【季節のディナーバイキング】として提供され、この夏の目玉は、海鮮BBQとブランド和牛のローストビーフ。

この2品に関しては、ひとり1皿ずつにはなるが、満足度の高さに変わりはない。

海鮮BBQのディッシュ。焼きたてのサザエとハマグリ、そして海老を堪能できる。

出雲尼子和牛ローストビーフのディッシュ。これまた焼き加減が絶妙で、さらにわさびを添えると格別の旨さだった。

それ以外の、鱧の天ぷらやタコのカルパッチョ、にぎり寿司などの料理は何度でもお代わりできる。

我々家族はこれにアルコール飲み放題も追加したので、生ビールや焼酎なども心ゆくまで堪能できた。

明けて朝食も和洋盛りだくさんのメニューが用意されているので、これまた満足度が高い。

食後はレストランに隣接するテラスに出て、緑を見ながらコーヒーを飲むこともできる。

ところで、滞在2日目に、ホテルから少し走ったところにあるニジマス釣りに出かけたのだが、そこで息子が釣り上げたニジマスを、ダメモトでホテルに調理をお願いしたら、写真のようにバターソテーされたニジマスが夕食時に我々のテーブルに運ばれてきた。

むろん、調理代金は別途支払ったが、簡単な塩焼きなどを予想していたので、これはちょっとしたサプライズとなった。

シェフの皆様に感謝感謝である。

こんな具合で、今年の神鍋旅行も、家族の良い思い出となった。

また来年もみんな元気で来れるように頑張りましょう!!

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。