神戸の街をぶらり散歩:神戸ハーバーランド編

神戸の街をぶらり散歩:神戸ハーバーランド編

久しぶりに新開地周辺をぶらり散歩してきたという話は以前書いたとおり。

今回はその続編で、いよいよJR神戸駅から南側に位置する、神戸ハーバーランド周辺をぶらり散歩した時の模様をお届けしよう。

ハーバーランドをゆっくり訪れるのは12年ぶりかも

JR神戸駅

新開地方面をぶらり散歩して、再びJR神戸駅に戻ったのは、ちょうど午前9時を回ったぐらいだった。

今度こそマクドでひと息つこうと思い店内を覗くと案の定、ガラガラに空いていたが、なぜか気が変わってそのままハーバーランドへ向かうことにした。

さっそく駅の南口から外へ出て、国道2号線を跨ぐ歩道橋を渡る。

よく考えたら、僕はこのハーバーランドをゆっくり訪れるのは12年ぶりくらいかも知れない。

それも遊びに来たワケではなく、何かのセミナーに参加するためだったと思う。

人混みがあまり得意ではないので、こういう1箇所に商業&アミューズメント施設が集中する所からは自然と足が遠のいてしまうのかも知れない。

そんなことを考えながら歩いてると、気がつけばMOSAICの前に到着していた。

ハーバーランドの中でもこのMOSAICを選んだのはズバリ、海をみながらボーっとしたかったからだ。

というわけでさっそく階段を上がっていく。

しばらく歩くと、神戸メリケンパークオリエンタルホテルとコンチェルトが見えてきた。

まだ午前9時過ぎで、入居する店舗はどこも開いてないので、下へ降りることにする。

階段に向かう途中に懐かしい看板が目についた。

フィッシャーマンズマーケットの看板だ。

ここはうちの家内と初めて食事をした思い出深い場所だ。

今も変わらず元気に営業しているみたいで、嬉しくなる。

階段を降りて向こうを見やると、ポートタワーやホテルオークラが見える。

同時に、潮風と船舶のディーゼルスモークが入り混じった香りが漂ってくる。

これまた久しぶりの香りだ。

僕はこの香りが嫌いじゃない。

今メイン拠点にしている奈良の山奥は緑が豊富で空気もおいしいが、海と山が共存する風光明媚な場所で育ったので、どうしてもこの香りが恋しくなる。

南側を見渡すと、位置的に川崎造船のものと思われるクレーンなどが見える。

おしゃれな街並みかと思えば、一方でこのような風景も見える。

港町神戸ならではの光景だ。

歩きっぱなしで疲れたので、適当な場所に座ってひと息つく。

やっぱり海をボーっと見るのっていいね。

毎日この風景を眺められたら素晴らしいやろうな。

悲願のデュアルライフに思いを馳せる

そんなことを考えてたらふっと、近い将来に達成したいと切願しているデュアルライフのアイデアが閃いた。

毎日この風景を見るためにはどうすればいいか?

それはズバリ、このハーバーランド周辺に拠点を構えることである。

ただし、毎日この風景を見るためだけにクルマを出すというのはいろんな意味で不経済だ。

となると、普通に考えたらハーバーランドから徒歩圏内で、ということになる。

そう考えると、JR神戸駅周辺とか阪神西元町駅周辺ということになるわけだが、僕にとって人混みが多くてゴチャゴチャした繁華街は、遊びに行くにはいいけれど、自分が住む場所としてはあり得ない選択となる。

だったら、移動手段をクロスバイクなどの自転車にすればどうか?

そうすればずっと選択肢が増えてくる。

具体的には市営地下鉄の県庁前駅から大倉山にかけての、神戸市中央区の山側エリアだ。

この辺りはクロスバイクであればハーバーランドはもちろん、三宮や元町も行動可能圏内に入ってくる。

そして、山手幹線を一歩山手に入れば嘘のように静かな住宅街になるし、僕の大好きなもっこすラーメンの大倉山総本店もすぐ近くなので、何かと好都合・・・

とまぁ、こんな風に色々と考えてるとそれだけで楽しく、ワクワクした気持ちになってくる。

またゆっくりと来よう

いろいろと考えを巡らせたところで、ここらで現実に戻ろう。

今回は朝が早かったので、どこの店もまだ閉まっていて、せっかくの平日の神戸を堪能できなかった。

今度は人混みが嫌いだなどと言わずに、街全体が動いてる時に来て、このハーバーランドを堪能したいと思う。

またゆっくり来よう。

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。