BM型アクセラのアドバンストキー電池交換

BM型アクセラのアドバンストキー電池交換

ウチのアクセラスポーツには、アドバンストキーシステムが標準装備されている。

アドバンストキーシステムとは、上の写真のようなスマートキーを身につけていれば、ボタンをワンプッシュするだけでドアロックの解錠・施錠やエンジンのスタート・ストップ出来るシステムのことである。

これは、昔もあったキーレスエントリーというリモコンでドアの解錠・施錠が出来るシステムの発展型のようなものだ。

クルマとキーは予め仕込まれた固有のIDで紐づけられている。

そしてクルマとキーの間では電気信号がやりとりされており、双方でIDが合致したと認識して初めて作動する仕組みだ。

その電気信号のやりとりには当然電池が必要になり、電池が寿命を迎えれば交換する必要がある。

ウチのアクセラも、購入時についてきた2本のアドバンストキーの1本が電池切れになったようだ。

そこで今回はいい機会なので、このアドバンストキーの電池交換のやり方をご紹介しようと思う。

交換は簡単でマイナスドライバー1本でOK

この電池交換のやり方は、実は車両の取り扱い説明書にも書かれている。

なので、詳しいことはこの取説を読んでもらうとして、ここでは写真付きの解説的なスタンスで行こうと思う。

まずは写真のとおり、キー裏面のロックボタンを矢印方向に引いたまま、補助キー部分を引っ張り出す。

次に、上の写真の部分にマイナスドライバーを差し込み、時計回りに回すように軽く抉るとはめ込みが外れる。

反対側も同様にする。

この時、傷が入るのが怖い人は、マイナスドライバーに何かクッションがわりになるものを巻いてから使うようにしよう。

次に、表側の側面部分にマイナスドライバーを差し込んでスライドさせ、写真の位置ぐらいのところでやはり時計回りに回すように軽く抉るとはめ込みが外れる。

反対側も同様にやると、裏面のカバーが外れてくるはずだ。

裏面のカバーが外れたら、中央部の【CR2025】と刻印された黒いキャップを外す。

するとこのように電池が姿を見せる。

最終的には補助キーを除いて、このようなピースに分解出来る。

このアドバンストキーに使う電池は、CR2025というボタン電池で、100均でも普通に売ってる。

むろん、僕も100均で仕入れてきた。

この電池を『+』面を手前に向けてセッティングする。

そして電池を覆っていた黒いキャップをはめ込む。

最後に裏面カバーをはめ込み、補助キーを元どおりに差し込めば電池交換は完了。

所要時間は5分もあれば十分だ。

まとめ:自分でやれば電池代の108円で済む!でも不安なら最初からプロに任せよう

ところで車両の取説には、この電池交換はディーラーでやることを推奨している。

もちろんその方が確実で安心できるが、費用が結構高くつく。

あえてディーラーには価格を問い合わせてないが、昨今のディーラーのサービスのレイバーレートからみて、作業量の割には結構な金額を請求されるだろう。

ちなみに上の写真は近所のオートバックスで見つけたもの。

電池代・税込みで1,080円はまぁ妥当といえば妥当だけれど、自分でやればこの10分の1の108円で済む。

この900円の差をどう捉えるかは個人の考え方次第だ。

いずれにしても言えるのは、人に動いてもらうからにはそれなりの費用がかかるということだ。

だから、外注するときには感謝とリスペクトの気持ちで対価を支払わなければならない。

それから、自分でやるということは自己責任の下でやるということだ。

もちろん、僕自身も自己責任の下でこれをやっている。

だから、この記事を読んでやってみて不具合が起きたと言われても当方では一切の責任を負いかねるし、少しでも不安があるなら最初からプロに任せることをオススメします。

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。