『10分どん兵衛』が意外とおいしかった件

『10分どん兵衛』が意外とおいしかった件

 

つい最近、ある方のブログを読んでいた時のこと。

「今日の晩飯は【10分どん兵衛】です!」

という書き込みの、【10分どん兵衛】という聞き慣れないワードに引っ掛かった。

最初はどん兵衛に新しいバージョンが加わったんかいな?と思ったがどうやらそうではなく、本来お湯を入れて5分の待ち時間を倍の10分にして作ったどん兵衛のことを言うようだ。

そこでネットで情報を集めてみると、今から2年と少し前に、マキタスポーツという芸人がこの食べ方を発案し、それが巷で話題を呼び、ついにはメーカーである日清食品が『10分どん兵衛という食べ方を知らなかったことに対する謝罪文』を公表するなど、大企業をも巻き込んだ、プチブームになったらしい。

リアルタイムでこの情報を掴めなかったのはお恥ずかしい限りで、今になって何の話題やねん??と思われるかも知れないが、僕にとってこの10分どん兵衛がおいしいのか否かを確かめてみようと思う。

 

さっそく10分どん兵衛を実食

 

 

さっそく近所のスーパーでどん兵衛のきつねうどんを仕入れてきた。

お湯を沸かして規定の量まで注ぎ入れ、iPhoneのタイマーをセットして10分ひたすら待ち続ける。

 

 

iPhoneのタイマーが鳴ったので蓋を外して中身を確認すると、麺とおあげさんともに出汁をたくさん吸っていて、デフォルトの待ち時間である5分の場合よりも全体的にふっくらしている。

 

 

特にうどんの違いは明白で、より太く、ツヤツヤした感じで、生のうどんにも似た質感だ。

さっそくいただく。

ネット上に寄せられた感想で多かった、うどんのモチモチ感は正直なところ感じないけど、ツルツルとした食感はより生のうどんに近いものがある。

おあげさんも出汁をよく吸っていて、ふっくらジューシー。

予想していたよりは全然OKで、これはこれで十分アリだと思った。

 

少なくとも話のネタにはなるでしょう

 

実際に食べるまでは、麺も伸びきって出汁も冷めて、もっと悲惨な状態を予想していたが、思いの外普通においしく食べることができた。

正直なところ、決して病みつきになるようなおいしさではないし、次回も同じことをやるかと言われれば微妙なところだけれども、いい話のネタになることは確実だ。

よって、気になってる人は、一度試してみる価値はあるとだけ申し上げておこう。

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。