ローソンで売ってる【とり源の鶏炭火焼き】がうまい件

ローソンで売ってる【とり源の鶏炭火焼き】がうまい件

僕はお酒が大好きだ。

なのでいまのところ、ほぼ毎日呑んでいる。

ただ、呑むとは言っても僕ら家族が暮らすのは田舎の山の上の住宅街だから、帰りのことを思うと外で呑む気が失せてしまう。

結果、必然的に家で呑むという選択肢になるわけだが、もう寝たいと思えばすぐに寝られるし、飲食店で呑むよりも遥かに安上がりなのでその分つまみとかの選択肢が広がるのが、家呑みのいいところ。

加えて、僕は多少料理の心得があるので、特に鶏を使った酒の肴づくりは得意中の得意だ。

とはいえ、毎日仕事帰りにスーパーや市場に寄れるわけではないから、時にはコンビニなどで出来合いのアテを買って帰ることもある。

ローソンでたまたま買ったアテが最高に旨くてビックリ!!

以前、仕事で遅くなって、帰り道にあるローソンに寄ったことがあった。

時間がかなり遅かったので、冷蔵ケースの中もあまりいいものが残っていない中、真空パックされた炭火焼きの鶏肉が目に入った。

それが今回ご紹介する【とり源の鶏炭火焼き】という商品だ。

値段を見たら300円近くする。

僕はいつも自分で鶏料理を作ってるので、鶏のコスパの高さを十分理解している。

正直なところ300円も出せば、もっと充実した鶏料理のアテを堪能できるから、こんなちょろっとしか入ってないものに300円近くも払う気になれない。

しかし、他の選択肢がないので、その日は仕方なく1袋だけ買って帰ったのだが、さっそく晩酌を始めて一口食べた途端に、その想像を絶する旨さにビックリした。

しょっちゅうは買えないがたまに買うなら最高の選択肢になる

あれ以来、僕はたまにローソンでこの鶏炭火焼きを買って晩酌のアテにしている。

皿に盛り電子レンジで温めて、シンプルに刻み葱をトッピングするのが一番お気に入りの食べ方だ。

何といっても、炭火焼き独特の風味と焼けた鶏の風味が最高に調和し、塩味をベースにした絶妙な味付けと刻み葱の風味、そして本物の地鶏を思わせるコリコリとした食感が織りなす味わいはなかなかのものである。

これと同じようなものを家で作れと言われたら、さすがの僕も炭火の準備などが面倒で気が引けるので、しょっちゅうは買うことは出来ないものの、300円少々で買えるなら十分アリだと思っている。

近所のコンビニで手軽に手に入る家呑みのアテを探しておられるなら、ぜひ一度お試しあれ。

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。