所用で新装成ったマツダディーラーへ

所用で新装成ったマツダディーラーへ

 

  所用で馴染みのマツダディーラーへ行ってきた。

  

 

このマツダディーラーは、かつてのオートザム系列のいわゆるサブディーラーだった。

実はウチの家系は現在、全員マツダ車に乗っている。

具体的には、親父がロードスターRF、妹がCX-3、そして僕がアクセラ・スポーツというわけだが、これらのクルマはすべてここで購入している。

このディーラー、昨年の10月終わりに所用で久しぶりに訪れたら、かつてのモーター屋然とした雰囲気はどこにもなく、新装相成っていてビックリしたのが記憶に新しい。

今回はじっくりと店内を観察する機会があったワケだが、新装相成ったショールームで働く人たちは、年度末商戦も相まってか、とても忙しそうにイキイキと仕事していたのが印象的だった。

新装とは言っても、旧のショールームを最新のマツダショールーム・デザインのテンプレートに則ってリノベーションしたものなので、よく見ると所々に旧ショールームの名残が感じられるものの、総じてとても感じのいいショールームになったのではと思う。

 

このおもてなし感はかつてのマツダディーラーからは想像もつかないほど

 

フロントで要件を伝えてソファーに座ると、女性社員の方が飲み物のリクエストを取りに来た。 そこでホットコーヒーをお願いした。

   

しばらくすると、上の写真のようなセットが運ばれて来た。

おしゃれなカップに入れられたコーヒーをはじめ、これまでのマツダディーラーとは一線を画すホスピタリティ性が感じられる。

これ以上豪華にされると逆に気兼ねするので、本当にちょうどいい塩梅のおもてなし感だ。

   

それにしても、ゆったりとソファーに座って飲むコーヒーは格別だ。

    

見事にマツダワールドが展開されている。

  

 

ショールームにはソウルレッドに塗られたロードスターRFとCX-3、そしてパールホワイトのロードスターが縦列に展示されていた。

本当は3台ともソウルレッドで統一するのが一番だが、真ん中のパールホワイトのロードスターを、差し色として最近マツダがイチオシのマシーングレーのものにずれば、さらにショールームの雰囲気が洗練されたものになるだろう。

実はこのショールームは、自動車ディーラー激戦区に位置しており、ここから数百メートルしか離れてないところには本家本元のマツダディーラーがあるのだが、こちらはショールームの刷新が手付かずの状態であり、いい意味でも悪い意味でも見慣れたマツダディーラーそのものだが、店の活気というか勢いを感じるのは、明らかにこちらの旧オートザムの方だ。

創意工夫を重ねて本家本元を追い回し追い越す・・・。 痛快さを感じずにはいられない。

 

The following two tabs change content below.
徳川貴文(Takabou)
何ものにも縛られないストレスフリーなライフスタイルを追い求めてマルチに働きマルチに遊ぶ自由人です。一度きりの人生を自分らしく自分の価値観で面白おかしく自由に生きるために、日々活動しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。